10日 9月 2020
出雲国、伊予国を満喫して、相模国に帰ってまいりました. この世から旅立った友への弔いの旅でもありました. 出雲には私のルーツを感じました. 大和族と出雲族、隠されたもう一つの日本史、興味は尽きません. そして伊予の海は癒されます. ボーっと何時間でも見ていられそうです. 頭を空っぽにして、腹の真ん中に還るにはもってこいの場所です....

25日 8月 2020
心の中に「間」がありますか? 「間」ないと動きが止まり、「間」があると動きが生まれます。 その「間」に外からエネルギーが入ってきます。 例えばそれは、直感だったり、ヴィジョンだったりします。 心の中に「間」がありますか? 「間」ない状態とは、ギュウギュウで何も入るスペースがない状態です。 忙しい心、余裕のない心です。...

23日 8月 2020
ある茶人曰く 山奥で聖者が黙って座って精神統一する修行が「静中の静」. その先にあるのが「動中の静」. 日常生活をしながら心の平安を得る. 家事をしながら悩みが消えていく. 仕事をしながら無我の境地に近づいていく. 当たり前の生活で安らぎを見出す. ここに至るのが、お茶を嗜む理由なのです、と. お茶にも深遠な世界がありそうです....

14日 8月 2020
20年以上前に訪れたボルネオ島の先住民プナン族. 自然と調和して生きるプナンの長老からお預かりしたメッセージは、2020年からの私たちの生き方へのメッセージでした. 私がTaoYogaをすることになった深い理由も、このメッセージに関わるものなのです。...

11日 8月 2020
瞑想前に、体を大きく使って氣の運動をすることがあります。 私たちの意識は、日常の慌ただしい生活の中で、体から飛び出していろいろなところを彷徨うことがあります。 体を大きく使って氣の運動をすると、どこかを彷徨っている意識が、まず自分の体へと還ってきます。...

04日 8月 2020
今回は、インディアンドラムをたたきながら、呼吸をしました。 北方系のネィティヴアメリカンの方々が使う道具のようです。彼らはドラムを楽器ではなく、乗り物として捉えるそうです。 変性意識へ連れて行ってくれる乗り物 それは、地球の鼓動であり、魂の扉をノックする音。 バッファローの背に乗って、銀河を旅しているようでした。

28日 7月 2020
守破離というように、TaoYogaも最初は、先生の動きを真似ていきます。 しかし、真似ようとするあまり、先生が次のポーズに移った時に、急いで自分もポーズを変えないことです。慌ててついていかないことです。...

26日 7月 2020
ドクダミで染めてもらった綿シャツ。 化繊や合成染料とは明らかに異なる、繊細なエナジー。 何を身につけるかは、心身に影響を及ぼすね。 薬を飲むことを内服というように、身にまとう植物のエナジーは外服薬たる所以と思う。 #外服 #ドクダミ染め #植物のエナジー #天正庵跡 #mugifumi

23日 7月 2020
1日の終わりは、笑顔と感謝で締めくくりましょう。 どんな気持ちで眠りにつくかは、とても重要なのです。 童に還りましょう😊 こちらの動画をご参考にどうぞ。 https://youtu.be/cVto23FnUVM

17日 7月 2020
札幌から湯河原へ移って初めての梅雨です。 しかも今年は随分と長梅雨です。 拙宅の庭には、ドクダミが自生しています。 いわゆる雑草、野草ですね。 このドクダミを煮出したお茶を飲むことで、この季節特有の体のだるさやむくみ、アレルギーの諸症状が随分とスッキリします。...

さらに表示する